急ぎ 借入れ おすすめ

HOME
お気に入りに追加

緊急時の借入で失敗しないように

急にまとまったお金が必要になり、そのお金を工面できないと言うことはよくあることです。そんな時に消費者金融系はとても役に立ちます。金融業者からお金を借りる場合、大きく2つのパターンがあります。1つ目が消費者金融系のカードローン(俗にいうサラリーマン金融)。もう1つが銀行系のカードローンです。アコムやモビットなどは消費者金融系の会社で、オリックス銀行やみずほ銀行などは銀行系の会社になります。

とにかく早くお金を借りた場合にサラ金系がおススメな理由は借入までの時間が非常に早い点です。最短で1時間でお金を借りることができます。銀行系の場合だと早くても審査が当日中に終わるのが普通ですが、消費者金融系の場合はその日うちにお金が借りられるのが普通です。昔はイメージの悪かった消費者金融ですが、最近では女性専用ローンなどのサービスも増えてたり、利用する人が多くなってきています。

急ぎの借入れは、金利も高くなく融通を利いてくれる大手消費者金融がおすすめ

「急いては事をし損じる」という言葉もありますが、それはキャッシングの世界でも同じことであり、急ぎで借り入れをするとそれが闇金だったなんてこともなくはありません。それでもどうしても急ぎで借り入れをしたいのであれば、大手消費者金融を利用するのがおすすめです。

「大手消費者金融だと金利が高いのでは」と考える人もいるでしょうが、それは逆で、大手消費者金融であればあるほど有利な金利でお金を借入れできます。というのも、大手消費者金融は銀行と深いつながりがあるからです。

例えば、大手消費者金融として有名なアコムは三菱東京UFJグループ、プロミスはSMFG、モビットは三井住友銀行系のグループに、そしてレイクに至っては新生銀行のカードローンブランドとなっています。大手銀行のバックボーンがあるため、それだけ財務基盤も安定しており、比較的有利な融資ができるわけです。

特にアコムやプロミスは利用しやすい

大手銀行グループとのつながりは、金利の有利さだけではなく借りやすさにも表れています。例えば、アコムでは、一部の三菱東京UFJ銀行の店舗内に自動契約機を設置しており、安心して申し込める雰囲気づくりをしています。また、プロミスでは三井住友銀行ATMを利用すれば、通常は取引金額に応じて108円から216円かかるATM利用手数料が無料になっています。

レイクは厳密にいうと銀行のカードローンであり、消費者金融に適用される年収の3分の1以上はお金を借りられない「総量規制」の対象外ですので、借入総額を気にせずに借りられます。

銀行がバックについていることで、返済の際にも非常に有利になっており、おすすめです。通常の消費者金融では、少しでも返済が遅れようものならば激しい督促が繰り広げられますが、大手消費者金融では財務基盤に余裕がありますので、比較的融通を利いてくれます。

例えば、今はお金がないが給料日が2日後だという場合でも結構融通を利いてくれますが、やはり基本は期日内にしっかりと返済をすることです。